スマホの教科書

スマホの電池持ちが悪い時の原因と対策を紹介

▼YouTubeでもスマホのためになる情報を発信しています。


購入時は一日使っても50%くらい残っていたのに今は丸一日持たない!といった経験は誰もがあると思います。

最近はどのスマホも電池持ちがよくなりましたが、それでも電池持ちはスマホにとって一番重要な要素です。

今回はそういった電池が減る原因電池が少なくなる原因についてご紹介致します。

【関連記事:スマホの充電ができない時の原因の一覧

電池持ちが悪い原因

「スマホの電池が持たない」ということは「電池の減りが速い」もしくは「電池の容量が低下している」のどちらかになります。

そんな原因の中で大部分を占める要因とその対処方法を解説します。

スマホ自体の経年劣化

スマホのバッテリーは経年劣化するものなので、二年ほど使えば購入時の半分近くしか電池が持たなくなるのが通常です。

スマホの電池が弱ってきた場合はメーカー修理に出すことで内部バッテリーを取り替えることができます。(ほとんどの場合は有償)

しかしこうなる時期はかなり長期間使用していることがほとんどだと思うので、二年以上使用しているなら新しいスマホに機種変更をする選択肢もアリです。

機種変更前にはバックアップが必要と思いますので、その場合は下記記事を参考にしてください。
【別記事:電話帳のバックアップにSDカードは不要!
【別記事:Googleフォトでの画像・動画のバックアップ方法!
【別記事:android版LINEでのトーク内容バックアップ方法

熱による電池の劣化

スマホに使われている電池は、高温・低温状態に弱い性質があります。

そういった場所にさらすことで徐々に電池総量が減少していきます。実は電池持ちが悪くなる一番の原因がコレです。

  • 真夏の直射日光下でのゲーム
  • 海水浴場
  • スキー場やスケート場
  • 氷点下になる場所

は特に注意しましょう。

【関連記事:スマホが熱い時の正しい対処方法と、やってはいけない事

過充電や過放電にも注意

充電0%の状態や100%の状態が続くこともスマホの電池にはやや悪影響ですが、通常使用しているスマホの場合は充電器側が管理してくれるので気にしなくても大丈夫です。

気にするのは押し入れに閉まっているスマホくらいで、使っていなかったスマホを数年ぶりに使うと電池がほとんど持たなくなっているのはこれが原因です。

特定のアプリが電池消費している


ある時から急に電池消費が増えたという場合は、「歩数計アプリ」や「GPS系アプリ」などのアプリが影響している可能性があります。

各アプリの電池消費量は下記画像の操作で確認することができるので一度確認してみましょう。

▼設定>電池>右上メニュー>電池使用量

この操作で確認した電池消費量の位に知らないアプリがあるならアプリごと削除しましょう。

普段使用しているアプリでも使用している電池消費と釣り合わないと感じた場合は削除してしまうのもひとつです。

ディスプレイの電池消費が大きい

スマホの全面大部分を覆っているのはディスプレイですが、使用している間は常時点灯しているため電池消費に与える影響も大きいです。

リフレッシュレートを下げる

設定できる機種は限られていますが、リフレッシュレートという画面の更新回数を設定できる機種の場合はこれを大きくしているとで電池消費量が上がってしまいます。

60Hzと120Hz画面だと更新回数が倍になるので、画面が滑らかになる代わりに電池消費も倍になります。

電池持ちを優先で考えるなら60Hzにしましょう。

▼設定>ディスプレイ>リフレッシュレート

色テーマをダークにする

実は白と黒でディスプレイの発光量に違いがあるため黒の方が電池消費量は少なくなります

そのためカラーテーマを利用する場合は「ダークモード」「ダークテーマ」など黒を基調としたテーマにした方が電池消費は抑えられます。

▼設定>ディスプレイ>システムカラースキーム

節電モードにする

機種ごとに搭載された節電モードを使って少しでも電池持ちを伸ばす方法です。

この機能をONにすることによってスリープ時間を短くするなどの設定を一括で行ってくれるので、電池持ちをよくすることができます。

▼設定>電池>省エネスイッチ

多くの機種では節電モードが搭載されていますが、画面消灯の時間を短縮したり一部の機能を制限して電池持ちをよくしているので使い勝手は悪くなります

スマホを長く使うために

このようにスマホを買い替える起因となる理由の大半を占めるのは充電・バッテリー関連になります。

せっかく購入したスマホを長く使い続けるためにバッテリーに優しい使い方を心がけましょう。

▼YouTubeでもスマホのためになる情報を発信しています。