スマホの教科書!

電話帳のバックアップにSDカードは不要!Googleコンタクトを使えばワンタッチで出来ます。

電話帳のバックアップはすごい簡単

ガラケーの時代だと携帯を買い替えるときに電話帳を移行してもらったり、事前にSDに保存するように言われたり複雑だった記憶もあると思います。
しかし今は電話帳のバックアップは非常に簡単になっています。

Googleコンタクトを使った方法

今回はGoogleコンタクト(以前は「電話帳」という名前でした)を使ってバックアップを取る方法を紹介します。

Googleアカウント上に電話帳データを保存してしまえば、同じアカウントでログインしているスマホからは全て共通で使えます。つまり同じGoogleアカウントを使い続けるのであれば、一度保存してしまえばあとはいちいちデータ移行は必要なくなります。

Googleアカウントを確認

まずは基本ですが、自分のGoogleアカウントを確認します。
パスワードがわからない場合も確認しましょう。
そうして確認したアカウントとパスワードは今後一生にわたって使うことが予想されるので絶対に忘れないようにしましょう

Googleコンタクトをダウンロード

Google Play Storeのアプリより「連絡帳」もしくは「コンタクト」で検索します。
出てきたアプリをインストール(ダウンロード)します。この時別のアプリをインストールしてしまわないように、制作元が「Google LCE」になっていることを確認しましょう。

Googleコンタクトとは?

GoogleコンタクトはGoogleフォトのように、Googleアカウント(Gmailのこと)を持っている人全員にGoogleが個人別に用意してくれている電話帳データの保存スペースのことです。
少し違うのが、Googleフォトは端末の中に保存されている画像データとGoogle側で保存しているデータの両方を見せてくれます。
それに対してGoogleコンタクトは端末内のでデータは表示されず、Google側で保存できているデータしか表示しません
裏を返すと「Googleコンタクトのアプリで表示されている=バックアップ済み」ということになります。
つまり最終的にすべての電話帳データをGoogleコンタクトで表示するようにできたらいいんですね。

バックアップ設定方法

Googleコンタクトの中身を確認

▼右の状態ならもうバックアップは必要ないかも?

まずは「コンタクト」アプリを開いてみて中に電話帳のデータがあるか確認しましょう。この中にあるデータはすでにバックアップ済みなので全ての電話帳があるようなら何もする必要はありません。新しいスマホで同じgoogleアカウントでログインするだけで電話帳移行完了です。

足らない部分のバックアップ

まず左上のハンバーガーメニューより設定に進みます。
そうすると「Googleコンタクトの同期設定」という項目があるので選択します。

その後は自分の普段使っているGoogleアカウントを選択して自動バックアップをONにします。

そうしたら最初の画面に戻って電話帳が表示されていたらバックアップ完了です。少し時間がかかることはありますが何度か上から下にスワイプして更新すると表示されると思います。(電話帳データ自体はそこまで重いものではないので表示されるまで1分もかからないと思います)

この作業が完了すればあとは同じGoogleアカウントを繋い続けるだけで勝手にスマホに反映されます。