スマホの教科書!

androidでのLINEのバックアップ方法

今回はLINEのバックアップ講座となります、いずれ電話帳などバックアップ系は一通り記事にする予定ですがまずはLINEを。
なお、LINEアプリというものはアップデートで操作方法は頻繁に変わります。
この記事は2021/06時点でのバージョンで記載していますが、いずれ最新版が変わってしまってこの記事が古い状態になっていたら問い合わせ欄からでもご報告いただけると助かります。
常に最新の情報をお届けしますので即書き直し致します。

バックアップの必要性

今やLINEは生活に欠かせない連絡ツールとなっており、電話番号をしらなくてLINEだけで繋がっているという友達も少ないと思います。
そんな時にスマホを失くした、スマホが突然壊れた、LINEを間違えて削除(アンインストール)してしまったなどの事故が起きたらLINE友達と一生のお別れになってしまうこともありえます。
そうならないように普段からバックアップをしておくことが大事で、最低限アカウントを復活できる状態にしておくことが大事です。
そもそもバックアップというものがもしもの時に備えてのものですし、そういった事故はいつも突然に起こるので皆さんも自分はまだ大丈夫と思わずこの機会に設定を確認してみてください。

パスを再設定とメアドの確認

▼設定>アカウントから画像の二つを設定する

LINEの認証方法は基本的に「電話番号+パスワード」になるので、電話番号を変えない機種変更の場合はこのパスワードが重要となります
幸いLINEのパスワードは上書き方式なのでもし今のパスワードを忘れていたとしても、画像の「パスワード」の項目を押すと新しく決める画面になるのでここで決めてしまいましょう。
そしてその決めたパスワードは引継ぎが完了するまでは絶対に忘れないようにしてください。
もし忘れそうな場合は引継ぎ直前に再度新しく設定しましょう。

メールアドレスに関しては引継ぎ操作において必須ではないものの、パスの設定を間違えたりして一致しなかったときの最後の手段として使うので念のため今開けるメアドになっているかだけ確認しましょう。
予備ということですね。

トーク履歴をバックアップする

上記のパスワード設定をしておくことで新しいスマホからLINEをインストールした後に同じアカウントでログインすることが可能になります。
これだけで友達一覧は同じ状態で復活しますし、スタンプはダウンロードしなおさないといけないものの購入済みの状態は変わりません。

ただ、トークについては基本的にはアカウント保存ではなくアプリ自体に保存されているものになるので、初期化やアプリのアンインストールをすると消えてしまいます
そのためのトークのバックアップ方法以下になります。
数年前までは結構ややこしかったんですが、最近はLINE社とGoogle社が仲良くなったのかすごい簡単にできます。

▼設定>トーク>トーク履歴のバックアップ

▼Gmailアカウントの設定をした後にバックアップ

まず①の項目から自分が普段使っているGmailアカウントを設定します。
その後に②の項目を押すとGoogleドライブとう保存スペースへバックアップが完了します。
機種変更後にLINEが復活したあとにしたの方に見えている「復元」を押すことでトーク履歴が元通りになります。

▼このような注意文が出てきますが、所詮文字データで容量も少ないのであまり気にしなくて大丈夫です。

簡単な記事になってしまいますが、本当に今はバックアップもこのように簡単操作で完結するようになっています。読んでくださっている方も一度確認の意味でも見てみてください。

その他写真などに関してはGoogleフォトでのバックアップが一般的となってますのでこちらの記事も参考にしてみて下さい。