スマホの教科書!

androidでは画像移行は不要です!Googleフォトを利用した画像・動画のバックアップ方法

Googleフォトとは?

androidをお使いの方であればほぼ全ての方がスマホにgoogleアカウント(gmailアカウント)を同期していると思います。
GoogleフォトとはこのGoogleアカウントごとに画像や動画を保存してくれるクラウドサービスになります。
そこに保存したデータはそのGoogleアカウントを利用しているスマホ全てから共有で閲覧できる状態になります。

慣れない方はイメージしずらいと思いますがバックアップ方法自体は簡単なのでわからなければ次に説明する方法を順番に行っていただけたら問題ありません。

Googleアカウントは忘れないように

これからandroidを使い続ける方は同じGoogleアカウントを使い続けることで電話帳の引き継ぎや、画像の移行は必要なくなります。
しかしそれはgoogleアカウントとパスワードを覚えていることが前提になります。
もし覚えていない方はGoogleのホームページより探しましょう、そして絶対に忘れないようにして下さい。

現在は15GBが無料で使える

2021年現在は無料で利用できるのは15GBまでで、それ以上は有料となります。
Pixel 2以降のPixel系機種であれば、保節約画質(高画質)設定にはなるがGoogleからの特典として以前までのように無料で無制限の利用が可能となっています。
後述しますが以前まではPixel系機種でなくても無制限利用が可能で、この無制限利用というものがものすごくて、android全機種ストレージ∞という状況を作り出していました。

保存容量の確認

▼ついこないだまで普通にアドレスのモザイク外れてました…

現在利用できる容量は画像のような手順でGoogleフォトの右上の自アカウントアイコンから確認することができます。
プランを有料版にアップグレードする手順も画像のように行います。

Googleフォトにバックアップ

兎にも角にもバックアップをとりましょう。
方法の意味はわからなくともバックアップさえとればスマホを失くそうがデータを失うことはありません。

バックアップをONにする

Googleフォトのアプリは最近のスマホは最初から入っていると思うので開きましょう。開いたら右上にアカウントマークがあると思います。

▼右上のアカウントアイコンからフォト設定を開きます

その中にあるフォト設定を開くと

▼バックアップと同期からバックアップをONに

これだけで基本のバックアップ設定は完了です、しかしバックアップアップ漏れがないように続けて補足を書いていきます。

デフォルトはWiFi時のみバックアップ

バックアップと聞くと一般的には常時データを更新し続けて、万が一の場合にもデータを保管しておけるイメージを持たれることが多いと思います。
しかしGoogle Photoでのバックアップは(Wi-Fi接続時に)という意味を含みます。Wi-Fiに接続されているときはほぼすべてのデータをバックアップするのですが、契約しているスマホ自体の通信をしている間はバックアップしません。
これは写真でいうと何度も撮り直したりする度にバックアップされてたのではデータ通信量がかさむので、外で撮り溜めた写真を家に帰ってWi-Fiに繋がったら一斉にバックアップをするという仕組みになっているんです。
つまり、Wi-Fiを持っていない方はこのあとの設定も行う必要があります

モバイルデータのバックアップをONに

それを解消するにはモバイルデータでのバックアップという機能をONにする必要があります。

画像のようにモバイルデータでのバックアップの項目をONにすることで、Wi-Fiがなくても自動的にバックアップが開始されます。
しかし前項で書いたように、写真を撮ったらそれが試し撮りだったとしても即座にバックアップされていくのでデータ通信量は増えます。
低用量のプランでスマホを契約されている方は注意しましょう。

フォルダのバックアップをONに

以上で全てのバックアップはできているはずなんですが、稀にスマホ内のフォルダにバックアップ制限がかかっていることがありますがこれも見方は簡単です。

画像のように端末内フォルダの欄に雲のマークがあればバックアップオフになっているので、中を見てスイッチをONにしましょう。

端末内のデータを開ける

Googleフォトでは既にバックアップ済みのデータを端末内のみから自動で削除してくれる機能がありす。

当初はGoogleフォトの無料保存容量はなんと無制限だったので、この操作を繰り返すことでandroidの端末容量はどんな機種でも実質無制限ということになっていました。
現在は15GBのみ無料です。

メリット

スマホの中を常に空の状態にしておけるので容量不足になりにくく、動作も少し軽く使えます。

デメリット

LINEは端末内データしか読み込めない

ラインで写真を貼るときには端末内データしか読み込めません。
この「空き容量を空ける」の操作で端末内データから削除してしまうと、画像のアイコンから写真添付できなくなります。

その場合はGoogleフォトの共有から直接貼るか、

もう一度端末内に再ダウンロードをする必要があります。

電話帳などのバックアップは?

機種変更やスマホ故障時に必要となるバックアップで写真動画以外となると電話帳やライン、その他ゲームや外部ファイルになると思います。

他のバックアップが必要でしたら別記事でまとめますので参考にしてみてください。
androidでのLINEのバックアップ方法