【初心者向け】スマホの便利知識

技適マークが無いスマホをWi-Fiのみで使うのは違法?

中華スマホに注目が集まってきて、技適マークについて調べたことのある方も多いんじゃないんでしょうか。

このマークが付いていない通信機器は国内では使ってはいけないことは知っていると思いますが、SIMを挿すさずにWi-Fiだけで使うのはどうなんでしょう。

Wi-Fiに繋いだだけでも違法になる

結論からいうと、技適マークが付いていないスマホは電波を飛ばす事自体が違法です。

つまり、Wi-Fiに繋いだだけでも違法となります。

もし知らずに通信してしまった場合は電波法違反となり、1年以下の懲役又は100万以下の罰金の対象となります。

また、公共性の高い無線局に妨害を与えた場合は、5年以下の懲役又は250万円以下の罰金の対象となる恐れもあるため十分に注意しましょう。

技適マークとは?

▼これが技適マーク

日本国内では様々な電波が飛び交っていますが、それぞれに対して使用してもいい周波数が電波法により定められています。

所定の試験を通過し、こういった規定に違反していない機器であると認められた際に付与されるのがこの技適マークです

このマークが付いていない機器は警察無線や緊急通報などに悪影響を与える危険性があり、いわゆるジャミングのようなことが起こるため、国内での使用は法律で禁止されています

技適マークの有無の確認方法

▼設定>システム>認証の項目に表示される


スマホの場合は設定>端末情報>認証の項目で確認できますので、この欄に技適マークがなければ使用を控えてください。

中華スマホを購入する際も予め調べておくと良いかと思います。

一部例外もあり

技適マークが無い端末でも使用していいケースもあります。

海外からの旅行者が海外からのローミングで使用する場合や、未発売の機器の動作確認を行う際などです。

後者は予め申請が必要ですが、いかなる場合でも違法となるわけではありません。

電波のルールを守りましょう

以上のように技適マークがない機器を使用したり、そのような通信を行う際は違法性が伴います。以下の行為は絶対にしないように。

不法アマチュア無線

不法無線局や違法無線局と呼ばれ、通常は免許や登録が必要となる無線局を違法に開設することです。

アンテナなどを送信機に接続していれば実際に電波を飛ばしていなくても違法となります。

不法パーソナル無線

今ではあまり聞きませんが、個人間で使える無線機をパーソナル無線機と言います。

その中でも周波数が定められた範囲外の改造された無線機を不法パーソナル無線機と言います。

他の人の携帯電話の通信に悪影響を与えることがあるためこちらも法律で禁止されています。

不法市民ラジオ

短距離に対してラジオ配信を可能とさせる市民ラジオですが、こちらも電波帯に注意しないと違法となります。

今では配信アプリが一般的に使えるので完全に絶滅した技術になります。