スマホの教科書

スマホの画面をテレビに映す方法と必要な物一覧!【無線/有線】

スマホの画面をテレビに写したい!写真を大画面で写したい!ゲームをテレビの画面でしたい!

など『スマホとテレビを繋ぐ方法』『スマホの画面をテレビに写す方法』について解説します。

大きく分けて、有線・無線の2通りの接続方法があります。有線は直接ケーブルで繋ぐ方法でビデオデッキやブルーレイレコーダーなどをイメージするとわかりやすいですね。無線は直接接続はせずに、主にWi-Fiを経由して繋ぐ方法になります。

有線でテレビ接続する方法

スマホとテレビを有線で直接繋ぐ方法ですが、スマホの充電口から映像を出力することになります。

スマホ側の充電端子がどの形状なのかで必要なケーブルも変わってくるので、使用中のスマホがどちらの充電端子か確認しましょう。

USB Type-C端子のスマホ

近年のandroidの大多数がこのUSB Type-C端子です。
この端子のスマホの画面をテレビに映す場合は、スマホ側が後述する規格に対応している必要はありますが、基本的にはケーブルで繋ぐだけです。

テレビ側の端子がDisplayPortかHDMIによって変わってきますが最近はどちらの端子もついているのではないかな?と思います。

Display port対応スマホである事が条件

この端子の機種の場合はスマホが『Display Port Alt mode(ディスプレイポートオルタネートモード)』という機能に対応している必要があります。

スマホ側のUSB Type-Cの端子から、テレビ側のHDMI端子やdisplayport(DP)端子に映像を送ることができる規格です。

たたどんなスマホでも搭載されている訳ではないので注意しましょう。

【2021年12月版】display port alt mode(HDMI出力)対応のスマホ機種一覧スマホの画面をテレビにHDMI出力が可能なアプリ一覧です。Display Port Alt modeに対応していればテレビ出力が可能となります。...

DisplayPort端子でテレビ接続に必要な物

下図の形状のDisplayPort端子がついているテレビの場合は、
「TypeC-Display Portケーブル」と呼ばれるケーブルで繋ぐだけです。

▼長方形の一つの角だけが削られた形状です。

▼こういった『TypeC-DisplayPortケーブル』で繋ぐだけ

HDMI端子でのテレビ接続に必要な物

図の形状のHDMI端子がついているテレビの場合は、
「TypeC-HDMIケーブル」と呼ばれるケーブルで繋ぐだけです。

▼台形形状をした端子です、ほとんどのテレビにはついています。

▼主に使われるのは標準タイプですが一応三タイプあります。

▼こういった『TypeC-HDMIケーブル』で繋ぐだけ

micro USB端子の機種

少し古いタイプのスマホだと充電端子はこのmicroUSB端子となります。
この端子のスマホの画面をテレビに映す場合は、スマホ側とテレビ側がそれぞれMHLという端子に対応していることが重要となりあす。

MHL対応スマホである事が条件

この端子の機種の場合はスマホが『MHL』という機能に対応している必要があります。

MHLとは「Mobile High-Definition Link」の略称でスマートフォンの充電・データ通信に使う「microUSB端子」から映像・音声を外部出力する規格のことです。
こちらの記事『MHL対象機種一覧』にまとめておりますので参考にしてください。

その後はテレビ側がMHLに対応しているかどうかによっても必要なものが変わってきますので、以下を参考にしてください。

MHL対象テレビの接続に必要なもの

テレビ側がMHL規格に対応している場合は、スマホから出たMHL信号をそのまま受信できるので、
一本のケーブルで繋ぐだけで大丈夫なので簡単ですね。
脇に出ているケーブルは充電用なのであまり気にしなくて問題ありません。
テレビ側がMHL対応かどうかはメーカーサイトのスペック一覧にほぼ必ず記載されているはずなので確認してみてください。

MHL非対応テレビの接続に必要な物

テレビ側がMHL非対応機種の場合はスマホ側からMHL信号がテレビ側で受信できないので、
「MHLアダプター」というものtが必要となります。

テレビ側がHDMI端子がついている場合は上の図のものを2点用意していただけたら利用できます。
もしテレビ側が最新機種で、DisplayPort端子しかない場合はケーブル側を「HDMI-DisplayPortケーブル」にしてください。


無線で繋ぐ方法

無線で映す場合は通常はWi-Fiで使うことが必要になります。
具体的には同じWi-Fiで繋げたスマホとテレビがリンクする状態になります。スマホ自体にはもちろんWi-Fiに接続する機能は標準搭載されているのですが、テレビの方が対応していない場合は下記のような商品が必要となります。

「Google Chrome cast」や「Miracast」などの商品が代表的なものになり、いわゆる無線子機のようなものです。
これを挿すだけでテレビがWi-Fiに接続可能になりスマホ画面を映すことに対応できるようになります。

▼Google Chrome cast

▼Miracast

どちらもHDMIで取り付けるようなものになるので空き口が足りているか確認しましょう。また、こういった機能があらかじめ搭載されているテレビも最近では少なくありません。

映す方法の種類

映す種類は大きく分けて二つあり、「ミラーリング」「キャスト」になります。テレビ側に挿すキャスト用機器によってできる内容が変わってきます。

【ミラーリング】
スマホの画面をそのままコピーして映す。ゲーム実況などで見るスマホのホーム画面まで見えたりするのはこれにあたります、うっかり生放送中にでた通知などもそのまま表示されるので事故には注意してください。
【キャスト】
動画を再生したらその動画だけテレビに映す。接続可能状態になっていると、youtubeなどを見たときに右上にキャストマークといわれるものがでるのでそれを押すとテレビに映ります。一度テレビをWi-Fiに繋いでしまえばボタンひとつで再生になるので動画再生にはかなり便利です。これも間違えて押すとリビングのテレビにその動画が流れてしまったりするので事故には注意してください。

▼YouTubeでのキャストマーク

▼同じWi-Fiに繋がっているテレビが出ます

無線でテレビに映すのに必要なもの

必要なものは以下になります。

  • テレビ+キャスト機器
    (もしくは無線キャスト機能搭載テレビ)
  • 自宅で使えるWi-Fi
  • スマートフォン

となり有線接続と比べるとスマホ側の機能に依存しないため簡単ですね。
最近だとWiFi接続可能でキャスト機器が搭載されたテレビも少なくないのでテレビを購入する際には
「ミラキャストみたいに無線でスマホの画面映したりできるもの」
と電気屋の人に聞いてみるといいでしょう。

難点としてWi-Fiが家にあることが必須になるのであれば無線での運用を第一に考えるといいでしょう。