スマホの教科書!

キャリア関係者が解説するeSIMと物理SIMのメリットとデメリット

eSIM対応のスマホを手に入れたから使ってみたいけどいまいちよくわからない失敗しそうで怖い、と思っている方は少ないと思います。

実際にトラブル報告は多く上がっているので少しでもお力になれたらと、キャリア関係者の私が実際に起こったトラブルを元にeSIMに関するメリットやデメリットを解説します。

ぜひ参考にしてもらえたらも思います。

eSIMって何?

eSIMとは画像左のような物理的なSIMカードとは違い、スマートフォン本体に内蔵されて取り外しができないSIMカードで契約情報をオンライン上で書き込めるSIMのことを指します。

契約情報を自宅にいながらダウンロードできるため、本当の意味でのオンライン契約が可能になります。

従来のように店舗に来店したり、郵送でSIMカードを届くことなく契約ができ、2021年より徐々に普及してきています。

対応機種もiPhone XSシリーズ以降(iPhoneSE2含め)は搭載されており、appleもeSIMには賛同的なことが見受けられます。

ほとんどのキャリアはeSIM対応

デメリットとして「対応キャリアが少ない」と書かれているブログが多いですが、2021年9月時点ではほぼ全てのキャリアが対応しています。

  • docomo/ahamo
  • au/povo
  • SoftBank/Y!mobile/LINEMO
  • 楽天モバイル

など大手も完全対応しているのでキャリア選びはそこまで気にしなくても問題ありません

eSIMプロファイルとは?

eSIMを使う上で必要な契約データになります、これを契約時に届くメールからインストールすることでそのキャリアの電波を使うことができます。

プロファイルの基本的な仕組みはeSIM用のプロファイルも物理SIMも同じで、後からオンライン上でインストールするのかあらかじめインストールしている物理SIMかの違いでしかありません。

eSIMのデメリットと注意点

SIMロック解除は必要

eSIMもキャリア版のスマホを使う場合はSIMロック解除は必要となります。

SIMロック解除をせずに回線切り替えをしてしまうと、両方の回線が使えなくなりスマホが通信不可になります。

なので他キャリア購入の機種を使う場合は必ず元キャリアの契約が繋がっている状態の時にあらかじめマイページからSIMロック解除を行っておきましょう
(ほとんどのキャリアは解約後のSIMロック解除は店舗でしかできず、さらに手数料もかかります)

キャリアごとのプランに違いがある場合も

キャリアによってはeSIMだとなぜかオプションの一部が使えないなどの違いがあります。
(例:ワイモバイルの見守りマップなど)
ここはキャリア次第としか言えないので不安であれば事前に確認しておきましょう。

プロファイル削除に注意

スマホにインストールしたeSIMプロファイルですが、誤って削除してしまった場合はキャリアHPから再発行を行う必要があります。

その際もスマホが使えなくなりWi-Fi環境で手続きをする必要があるので誤操作には細心の注意が必要です。

ある程度の知識が必要

各キャリアのHPにeSIM導入の手順は記載されていますが、機種やOSバージョンによっても違いはあります。

誤った手順で切り替えを行うと一時的にスマートフォンが使えなくなることもあり、キャリア側もそこまでの保証はしてくれませんのでわからないことは自分で調べるくらいの知識は必要となります。

故障時、機種変時に手続きが必要

スマートフォン自体にSIMが内蔵されているため、物理SIMのように本体だけ購入してSIMを挿し替えるということができません。

スマホが全損したり紛失した時や、機種変更のために新しい機種を購入した際はキャリアのHPより機種変更手続き(eSIMの再発行)が必要となり少し手間です。

eSIMを使うメリット

契約まで最短1時間

物理SIMだと、元キャリアで予約番号発行後に店舗に来店へ来店予約を取った上で来店するので丸一日拘束されることになります。

オンライン契約であっても申し込みからSIM発送・到着を経て切り替え処理をしないといけないため1週間程度かかります。

その点eSIMは申し込み直後に送られてくるプロファイルをインストールすれば完了なので早ければ1時間後には使えるようになります

物理的なSIMの抜き挿しが必要なくなる

物理SIMを抜き挿しする時は上のようなSIMピンが必要になってきます。
スマホオタクの管理人は缶コーヒーを買う感覚でSIMピンを買っちゃうので当たり前に持っていますが普通の方はあまり手にする機会がないと思います。

eSIMの場合はこのようなものを必要とせずすべて端末の設定内で完結してしまうので便利とも言えるでしょう。


▲一応ペーパークリップでも代用できます

eSIMと物理SIMどっちがいいの?

ここまで説明させていただきましたが結局eSIMと物理SIMどっちがいいの?ってなりますよね。

メイン回線は物理SIM安定

正直なところでいうとまだ物理SIMでいいんじゃないかと思います。

理由としては知識不足や誤った認識により一時的にスマホが使えなくなってしまうリスクが多いからです。

実際に切り替え時のトラブルでスマホが使えなくなっている方は相当な数発生していますし、この現代で一時的にでもスマホが使えなくなることは仕事面でもプライベートでも影響は多大かと思います。

もちろんほとんどの方はきちんと調べて問題なく使えていますが、万が一ということもあるので少しでも不安がある方は無難に物理SIMで良いと思います。

ただもちろん今後eSIMでしかできないことはどんどん出てくると思いますし、順当にいけば数年後にはeSIMが当たり前になってくると思いますがそれはその時に考えましょう!

eSIM可能なオススメキャリア

eSIMは上記でもお話したとおり現在はほぼ全てのキャリアで対応していますが料金面などでオススメのキャリアも記事にしていますのでよければ参考にして下さい。

【2021年10月版】携帯会社の最新料金比較!スマホは3,000円以下が常識です!スマホ代について関心のない方も多いですが、毎月数千円の出費を減らすことは今この瞬間の「めんどくさい」を乗り越えるだけで可能です...