スマホの教科書!

画面の色がおかしい?androidの画面がモノクロや色反転したときの改善方法

急にスマホの画面が黒くなってしまっり、色合いがおかしくなって戻し方がわからなくなった方。

安心してください、設定項目自体は少ないのでこの記事内のどれかで必ず改善するはずです。
(ほとんどの場合は色覚補正色反転などを誤ってオンにしてしまったことが原因です)

色補正・色覚補正(色盲補正)

色覚異常を持った方の為、またはそのような方の為のページを作る時のテストなどに使うときの機能です。
必要のない場合はオフにするといいです。

▼設定>ユーザー補助>色補正から選択

▼以下のような感じに色合いが変化します。

▼興味がある方はぜひ、勉強になりますのでオススメです

色反転(ホーム画面が黒くなった)

機種によって多少操作方法は変わってくると思いますが、すべての色が逆色になります。

ホーム画面のいろいろなアプリが黒くなった時はこれが原因と思われます

画面上部からスワイプで出せる機能スイッチからワンタッチでも設定できるので誤ってONにしてしまうことが多いです。

▼設定>ユーザー補助>色反転

おやすみモード(画面がモノクロになった)

android10から搭載された機能でdigital wellbeingというものがあります。

この中に「おやすみ時間モード」という機能があり、設定された時間になると眠りやすい環境にするためにモノクロに切り替わるというものです。

▼設定>digital wellbeingから設定します

この機能自体はあまり普及していませんが、これからこういったスマホと向きあうための機能は充実してくると思うのでぜひ使いこなしたいですね。
(感覚的にはいずれなくなりそうな機能ですが…)

▼設定するとこのようにモノクロになります

ダークモード(メニューが黒くなった)

種によって「ダークモード」「ダークテーマ」「ナイトモード」などと呼び方は変わります

メニュー画面や、一部のアプリの画面が黒を基調としたものに変わりますが見づらくなるものではありません。
設定理由の一番はおそらく「なんかかっこいい」だと思いますが、
現在主にスマホで利用されている有機ELと呼ばれるディスプレイでは白と黒では明確に電力消費量が違うので、ダークテーマにした方が電池の持ちはよくなります

▼設定>ディスプレイ>ダークテーマから設定

のぞき見ブロック(画面に模様が出た)

機種によって「のぞき見ブロック」や「ベールビュー」などと呼ばれ、そもそも搭載されていない機種も多いです。

ガラケー自体に流行した専用加工済みの覗き見防止フィルムと違い、画面内の模様だけなので効果は薄いです。
(見てる本人もかなり見づらくなります)

▼機種によって操作方法は違ってくると思いますが例として

▼こういった光学的な構造のフィルムの方が効果的です

ブルーライトカット(セピアっぽくなった)

ブルーライトをカットするモードで、機種によって搭載されていないものも多いです。

こちらものぞき見防止と同じで眼鏡などのように実際にブルーライトと呼ばれる可視光線を物理的にカットしている訳ではないので効果は薄いですが、
全く効果がないものではないので目の疲れが心配な方はONでもいいかと思います

▼お金はかかりますがフィルムを貼った方が軽減できます

開発者向けオプションでの空間シミュレート

開発者向けオプション」という項目の中にも色調を変更する項目があります、あまりこのあたりが作用することはありませんが上記までで改善がない場合は念のため見ておくといいでしょう。

開発者向けオプションとは?

まず準備として『開発者向けオプション』という項目を使うんですが、そもそもそれが何なのか馴染みのない方も多いと思います。

androidに搭載されている機能のひとつで、様々な裏設定みたいなことができます。
ただほとんどがエンジニア向けの難しい機能なので、特別な目的がなければ触らないほうが良いです。
そのように専門的な項目であるために初期状態では隠されている機種も多いです。

画像のように設定>システム>詳細設定に順に進んでいただいて開発者向けオプションの項目があるかどうかを確認してもらいます。

▼設定>システム>下部に開発者向けオプション

ここに「開発者向けオプション」という項目があればいいんですが、なければ次項の開放方法を実施します。
「開発者向けオプションならもう出てるよ!」とか「そんなこともう知ってるよ!」という方は少し飛ばして読んでください。

開発者向けオプションの開放方法

まずは設定からデバイス情報に入り、「ビルド番号」という項目を探します。
(機種によっては場所は変わりますが、とにかくビルド番号の項目を探してもらえたら大丈夫です)
見つかりましたらビルド番号の項目を連打するとカウントが下がっていき、最後までいくと画像のように「デベロッパーになりました」と表示が出ます。

▼設定>デバイス情報>ビルド番号を連打

「デベロッパーになりました」という表示がでたそうなったら一つ画面を戻ってください。
設定すると最初はなかった『開発者向けオプション』
なるものが解放されているのでこちらを開きます

▼システムの中下部に開発者向けオプションがあれば成功です

開きましたら以下に紹介する機能がありますので見ていきましょう。

開発者向けオプションが開放されています。見つかったら開発者向けオプションの中を見て「色空間シミュレート」という項目があるのでそこをオフにしましょう。
(見慣れない項目がたくさんありますが、あまり触らないほうがいいです)


▲ここをオフにしてみてトップに戻ってみてください。

ディスプレイの故障

最終的に改善しなければ画面故障が原因として考えられます。

ただ画面故障であれば設定項目を確認するまでもないことがほとんど(割れていたり画面がつかなかったり)なので、プロ的目線ではこの記事を読んでいる時点で画面故障が原因である可能性はかなり薄いと考えております

もし改善しないようであれば最寄りのキャリアショップに持ち込んでいただいて見てもらうのも一つですが、
一度コンタクトよりメールを頂けましたら診断しますのでぜひ遠慮なくご相談ください。

その際にはもちろん料金等は頂きませんが会社員なもので返信は1~2日猶予頂けるとありがたいです。

また修理の際に街中に修理店などがあると思いますがそちらの記事もありますので良ければ参考にしてください。
「参考:スマホが壊れたらどうするべき?非正規修理店は安全?