スマホの教科書!

【2021年9月版】サブブランドに乗り換えたほうが絶対お得!スマホは3,000円以下が常識です!

スマホの料金はなるべく安くしたいのは当たり前ですよね。ただキャリアがたくさんあってどれを選べばいいかわからないと思うので、実際にキャリア勤務している私が比較してみました。

身近で聞いていたら結構な割合の友人が1万円以上払っていて信じられなかったので、これを読んでいる方の大半もおそらく乗り換えた方が安くなると思います。

スマホを安くしたいなら乗り換えるべき

一昔前まではスマホ代で1万円を超えることはあまり珍しいことではありませんでした。

原因は簡単で、大手3キャリア以外に通信会社が存在しなかったためにその3キャリアが相場を決めていたからです。

2021年現在はMVNOや格安スマホと呼ばれる会社が多く現れ、スマホ代金の相場は大きく下落してきました。
もしまだ旧プランで利用している方がいるならぜひ乗り換えを検討してみることをオススメします

乗り換えたほうがいい理由

2020年までは乗り換える際に発生する料金が多く複雑だったため、乗り換えでお得になるタイミングを計算する必要がありました。

しかし2021年にそういったものが法改正により一斉に撤廃されたため、乗り換えない理由が完全になくなったという訳です

違約金(契約解除料金)の廃止

かつて○○年縛りと呼ばれ、決められた月以外で解約すると約1万円の解除料金が発生していたため転出の妨げとなっていました。

しかし今はどこのキャリアもほぼ廃止になっています。(もしくは解除料金がないプランに変更してから転出することで回避できる

MNP転出料の廃止

他社にMNP転出する際には違約金(解除料金)などとは別に3000円の転出料が発生するのが一般的でしたが、現在は大手3キャリアもMNP転出料は廃止になっております。

契約事務手数料の廃止

新しくキャリアで契約時(乗り換え含む)にも発生3,000円が発生していましたがこちらも後で紹介するサブブランド3社では契約事務手数料は撤廃されております。

端末割引の廃止

「月々割引」「月額割引」「端末割引」などと呼ばれ、契約中は毎月端末代金に対して割引をつけるのでスマホの本体料金は実質無料ですよといった割引です。

解約するとその割引がなくなり端末代金を払わないといけなくなるために損に感じていましたが、今はそのような割引は禁止されております。

つまり、端末代金は解約しようがしまいが払わないといけないという扱いになったので考える必要がなくなりました。

価格比較

※税込み、データ量は全て20GB/月

2021年9月時点の料金だと通話をするならahamo通話をしないならLINEMOもしくはpovoと言った料金体系です。
どれも20GBも使えて3,000円前後で利用できるため現在5,000円以上支払っている方は迷わず乗り換えるべきですね。

今回主に紹介する3ブランドは料金設定がシンプルで基本的に上で紹介した表のプランのみです。

  • ○年たつと料金が上がる
  • 家族で契約しないと高くなる
  • 光とセットじゃないと高くなる

また、よく見るこういう条件付き値段設定は一切ないので急に料金が上がったりすることもなく安心して利用できます。

一番おすすめはLINEMO

一番オススメはLINEMOで、通話オプションをつけなければ2,728円(税込)という破格の金額で使えます。

回線は、ソフトバンク網なので対応エリアが非常に広く、5G回線の恩恵を一番受けやすいキャリアではないかと思います。

また、サブブランドとしては唯一、3GB 990円(税込)のミニプランを用意しており、使わない時期はプランを下げておくこともできます。
全方位隙なしの万能キャリアですので選んで損はないと思います。

通話するならahamo

通話するならahamoです。

速度もdocomo回線で安定していてかつ話し放題でも4,070円(税込)とびっくり金額でおさまっています。

povoはうーん…

料金的にはLINEMOと同じではあります。

ただpovoはau回線を利用していてau回線は音声通信の周波数が少し特殊なので、SIMフリースマホだと稀に対応していないこともあるので個人的にはLINEMOが無難かと思います

その他の格安スマホはおすすめできません

大手キャリアのサブブランドではないMVNOと呼ばれる格安スマホも今はたくさんありますが、プロ目線では正直あまりオススメできません。

理由はMVNOの運営の仕組み上仕方のないことではありますが、混雑時に通信速度が劇的に落ちるからです。
あのイラッとする感覚はおそらく体験者しかわからないと思います…苦笑

金額的には上記で紹介したサブブランドより300円ほど安かったりしますが、そのくらいであれば速度も安定するサブブランドを利用するのをオススメします。

結論!思い立ったらすぐ乗り換え!

ここまで紹介したように、基本的に乗り換えの妨げになるような追加料金は全て撤廃されているので、料金が現在5,000円以上使っている方はすぐ乗り換えた方がいいです。

毎月数千円収入を上げるのは大変ですが、毎月数千円の出費を減らすことは今この瞬間の「めんどくさい」を乗り越えるだけで可能です。