iPhone

これが全appleファンが待ち望んだ小型形状、iPhone12mini

今週2020/10/14にappleからiPhone12 Pro MAX / iPhone 12 Pro / iPhone 12 / iPhone12 miniと4機種発表されましたが、その中でも今回はiPhone 12miniに絞って取り上げていきたいと思います。また今回はサイズやビジュアルなど、一般的なレビューとは違った所を見ていきたいと思います。

ポケットに入るサイズ感

今回のiPhone 12 miniはサイズは64.2mm×131.5mmとなっておりますがこれがどのくらいかというと、あの名機種グランプリがあれば間違いなく決勝リーグには残れる『初代 iPhone SE』と日本中をapple色に染め上げた『iPhone 6S』の間くらいになります。

数年前から、「外装の大きさを初代SEと同じものにしたフル液晶機種を出すだけでスマホ市場独占できるのに!」とずっと思っていて、iPhone 8 plusとかiPhone Xなどが発表されるたびに「そうじゃないんだよ!!」とワナワナしていたこともありました。

だがしかしこの2020年、さすがに初代SEより少し大きいものの許容範囲。考えていたことがほぼ実現した感じです。ゲーム需要によりスマホの平均サイズがどんどんあがっていく中、このタイミングで切り替えしてくるセンスはさすがAppleというところです。

上記の過去記事「一番良いスマホってどれなの?」でも胸ポケットに入るコンパクトスマホの良さを記事にしていました、その時に大絶賛したAQUOS R compactとほぼ同サイズ、むしろそれより小さいとは…技術の進歩を感じます。

主観にはなるんですが、近年のスマホは3眼カメラだったり、画面の大型化やゲームモード推しと、ビジネスシーンには合わなくなってきた感じがありましたがこのサイズなら胸ポケットにもちょうど収まり、スマートに使えるので私のようなサラリーマンには嬉しいですね。

画面サイズは5.4インチと小さめな響きですが、これはiPhone 8 plusとほぼ同じサイズです。近年の大型化で感覚が麻痺しているだけで、一般的な使い方だと十分な大きさです。

(左から4.7インチ、5.8インチ、5.5インチ。こう見ると5.4インチがそこまで小さくないことがわかります)

アルミフレームと強化ガラス

素材こそアルミフレームで前回までと同じなんですが、側面が角ばったフラット加工になっています。

そうです、何度も名前がでてきますが初代iPhone SEと同じなんです。30代の方は記憶に新しいと思いますが、あの構造での耐久力は軸かなりのもので、落としてもフレームが凹むだけで画面割れまで起こることが稀でした。


(↑このような感じでフレームが凹むことはよくありました、危ない落とし方をしても結構耐えてくれます)

またで最近のiPhoneはディスプレイが乗っている形状でしたが、今回はディスプレイとフレームを同じ高さにすることで落下時にディスプレイへの衝撃が伝わりづらくなっています。

 

左がi Phone 12 mini 右がi Phone XS 。この丸みを繋げたフレームとディスプレイの曲線美も素晴らしいので優劣はつけ難いですが、実用性を重視するのであれば左の構造ですね。(それにしてもやっぱりi Phone XSのセラミックフレームは美しい・・)

ディスプレイ構造に関しては今回さらに強化されたセラミックシールド(Ceramic Shield)なるものに変更されています。これは細かいナノセラミックをガラス内に編み込むことで従来のガラスの約4倍の強度を実現するというものです。

これに関しては実験動画などを確認したところ確かに従来のものよりは強度は増しているようです。ただディスプレイ強度は実際のところ2世代くらい前から十分な強度に達していて、「割れやすいiPhone」はとうの昔に卒業しているのである程度の落下は問題ないくらいにはなっています。とは言え、強度はあるに越したことはないのでそれよりも進化してるとなると心強いですね。

最後に言いたいこと

でもそもそもの話なんですが、スマホを落として割ってる人に言いたいことが…

あなたがその手に持ってるiPhone11ProMAXの値段分かって扱ってます!?君らが大事にしているNintendoSwitchが4〜5台買える金額なんだぜ!?

Switch5台持ち運んでてうっかり落とす!?落とさないですよね?すんごい気遣って運ぶよね?そもそも10万円以上する機械を落とすなぁぁぁ!!

以上です。スマホは大事に扱いましょうね!^o^)